鈑金塗装 修理事例

フィット-1
2017年12月26日

倉敷の板金塗装ホンダ・フィット自費修理も丁寧な仕上りの当社へ

弊社・創業44年迎をえています、2.000年より損害保険会社様の 鈑金塗装修理指定工場をさせて頂ており、 ご紹介入庫 板金塗装修理車輌は、4.000台を超えて増加中。これも皆様の ご支援の賜物と感謝申し上げます。 【どんなヘコミもおまかせください!】 ▼入庫時の状態です。 倉敷市のリピーターのお客様から板金塗装修理のご依頼です。 ホンダ・フィットで、自費修理です。   <修理内容> バックドア・・・板金塗装修理 ▼バックドアの部品を脱着しました。 へこみの部分を引っ張り出していくのですが、ちょうど車体の凹凸が 複雑な場所だったのでかなり難しい板金作業となりました! 力加減が重要な作業ですので、慎重に、丁寧に形を出していきます。       ▼板金作業が終了して、わずかなヒズミが残るため粘土のようなパテを盛りつけます。 乾燥待ちの様子です、パテが乾燥したら削って整形していきます。     ▼バックドア全体にサフェーサー(中塗り塗装)を塗布します。 サフェーサー塗布前には「足付け」といって、 周辺の塗膜を細かいサンドペーパーでキズと付けます。 これをしないと、後からパリパリと塗膜がはがれるなどの 不具合が生じます。     ▼サフェーサーの研磨が終了して、ボデーをカラー塗装をします。   ▼車体色と同じ色に調色をし、数回に分けて塗装していきます。 クリアー塗装もすませ、バックドア付属品を取り付けます。 塗装が終わり取り外した部品を取り付け中になります。 ▼キレイに仕上がりました! 洗車・車内清掃を済ませてお引き渡しです!   ▼ 倉敷市内よりご入庫の板金塗装修理が完了しました。 本日はご入庫頂き誠にありがとうございました! 当社は、お客様の立場に立った作業方法をご提案いたします。 お客様のご要望を遠慮なくお聞かせ下さい。お待ちしています! 修理一覧はこちら     http://bit.ly/28O2ZWn ———————————————————————————— アバンステクノサービス有限会社(本社) 住所 〒710-1304 岡山県倉敷市真備町尾崎975-2 TEL 086-698-9188 営業時間 9:00~19:00 定休日 水曜日 アクセス…

ま7584 (1)
2017年12月25日

倉敷の板金塗装ホンダ・ストリーム修理は丁寧な仕上りの当社へおまかせ

弊社・創業44年迎をえています、2.000年より損害保険会社様の 鈑金塗装修理指定工場をさせて頂ており、 ご紹介入庫 板金塗装修理車輌は、4.000台を超えて増加中。 これも皆様の ご支援の賜物と感謝申し上げます。 。 【大事な愛車を当社にお任せ下さい!】 倉敷市より損害保険会社様の紹介で平成21年式ホンダ・ストリームの事故車板金塗装修理車輌 がご入庫です。 右後部が損傷しており、 リヤバンバー修理 右リヤクォーター取替 右クォーターインナー鈑金 右リヤドア付属品脱着 右リヤタイヤホイルキャップ取替 修理しました ▼ 右リヤフェンダーインナーパネルを板金修正します。 スポット溶接と専用ドリルを使い車体から右クォーターパネルを外していきます。 現車と新品部品を確認してカットして微調整を繰り返し一旦仮合わせします。 ▼スポット溶接機を使いクォーターパネルを取付けます。   ▼リヤクォーター取替後の切り継ぎ部分の鈑金パテ作業に入っていきます。   ▼パテを研いだら、周囲をマスキングしサフェーサーを塗る準備をします。サフェーサーには 防水・防錆効果があります、サフェーサーも乾いたら研磨します。 残念ながら写真がありません   ▼サフェーサー砥ぎ仕上げを終えた所です。 サフェーサーを細かいペーパーで研いでいき、その他の部分はスコッチブライトで 洗剤を付けて足付けしていきます。 油膜を取り除き洗い流し、水切りをします。     ▼マスキング作業完了後、密閉型塗装ブース内で塗装を行います。 ▼ リアバンパーは修正後、パテを塗り、乾いたら研磨し表面を整えます。   ▼ カラーサンプルのデーターを元に、車体色と同じ色に調色します。 原色を10種類程度調合して色を作りますので、色を作るのも職人の経験と腕にかかっています! 色が出来たら塗料をスプレーガンという器具にいれて上塗り塗装します。 一度にべったりと塗装せずに、数回にわけて塗装します。 最初はパラパラ塗装することで、ハジキなどを防ぎます。 サフェーサーの色をきちんと隠し、またムラが出ないように慎重に塗装していきます。   ▼塗装作業完了後、塗装ブース内で25度15分65度45分、換気式ブース内でガスバーナー使用で 強制乾燥を行います。その後塗装ブースから出して赤外線乾燥ヒーターにて強制乾燥を行います。   ▼ 強制乾燥により、塗料が乾いたらコンパウンドで磨きます。   ▼洗車・室内清掃をして納車になります。 リアバンパーを組み付け、付属部品も取付けたら完成です!   ▼ 倉敷市内のお客様車輌ホンダ・フィットストリームの板金塗装修理が完了しました。 本日はご入庫頂き誠にありがとうございました!   ———————————————————————————— アバンステクノサービス有限会社(本社) 住所 〒710-1304…

0001
2017年12月22日

倉敷の板金塗装トヨタ・エスティマ修理は丁寧な仕上りの当社ンスへ

弊社では、長年損害保険会社様の鈑金塗装修理指定工場をさせて 頂ており、紹介入庫車両は 4.000台を超えて増加中。 これも皆様の ご支援の賜物と感謝申し上げます。   【大きなヘコミも元通りに!】   倉敷市の既存のお客様よりトヨタ・エスティマの板金塗装事故修理のご依頼です。 新車から長く大切に乗られていました. 今回追突事故に遭われたのですが、愛着もあり元通りにキレイに直して 乗り続けたいとの事でした。   ▼入庫時の様子です。 <修理内容> バックドア、リヤエンドパネル、リヤバンパー、マフラー・・・新品交換 リヤフロアパネル・・・板金塗装   損傷確認 ▼リヤエンドパネルが大きくへこんでいます。昔に比べて近年の車は、乗員保護の為に 車体前後が大きく壊れるような車体構造になっているんです。その為に以前に比べ 板金修正作業に大幅に作業時間が掛かる様になっています。   ▼リヤフロア部分も後方より突きあげられた為、大きくめくりあがっています。 フロアーは荒引修正委ののち板金修理を行います。   仮付け ▼新品のバックドアを仮付けし、損傷した部分の修理基準にします。 修理基準に確実に合わせてないと、水漏れ、風切り音が出るなどクレームになります。 新品部品は無塗装のまま届く事が多いので黒色ですが、後に塗装していきます。   板金 ▼エンドパネルの両端のヘコミを修正し、中央部分の鋼板をカットしました。 フロアーパネルの板金修理をしたところです。   ▼新品のリヤエンドパネルのアウター・インナーパネルです。こちらも無塗装の状態で届きます。   ▼リヤエンドのインナーパネルを仮付けしたところです。 アウターパネルも同じように仮付けし、溶接に入ります。   ▼リヤエンドのアウター・インナーパネルをミグ溶接・スポット溶接し終わった所です。   塗装 ▼溶接箇所のサンダー仕上げ途中です。上塗り塗料の密着を高めます。   ▼エンドパネル部分を塗装しています。 バックドアも車体に合わせて色を作り、塗装しました。 当社では、フランス製の水性塗料を使用しています。水性塗料は環境に優しく健康に配慮されているものです!   完成 ▼バックドア、バンパーも取り付けて修理完成です。 これから完成検査・洗車・車内清掃を行い納車になります。 今回のお客様はお車のお買い上げ・車検・点検等すべてお世話になっています。 いつもありがとうございます。大変感謝しています! ▼ ▼ 倉敷市内のお客様車輌トヨタ・エスティマの板金塗装修理が完了しました。  …

ち6566 (4)
2017年12月21日

倉敷の板金塗装三菱・ミラージュ修理は丁寧な仕上りのアバンスへおまかせ

弊社では、長年損害保険会社様の鈑金塗装修理指定工場をさせて 頂ており、紹介入庫車両は 4.000台を超えています。 これも皆様の ご支援の賜物と感謝申し上げます。 倉敷市内の損害保険会社様のご紹介により三菱・ミラージュの修理をご依頼頂きました。ありがとうございます。 右後方をぶつけられたそうです(>_<) 【丁寧・確実をモットーに仕事をさせて頂いております】 ▼修理前 <修理内容> リヤバンパー・・・新品取り替え 右クォーター・・・板金塗装 ▼修理開始です。 リヤバンパーを取り外した所です。破損した外装部品を取り外し、内部の壊れた部品の 注文をまとめて行います。   ▼新品のリヤバンパーが届いたら、右リヤクォーターの板金作業をする時に、何度かリヤバンパー との隙間を確認しながら板金作業を進めて行きます。 この一手間が仕上がりを左右します。 ヘコミの修正をする板金作業が完成したら、小さな歪みをとるために板金パテを付けます。乾燥し、 板金パテの研ぎ仕上げが完了したところです。   ▼板金パテを仕上げたら、今度はポリエステルパテを付け乾燥させます。 乾燥した後に研いでいる途中です。表面を滑らかにさせます。   ▼ポリパテで仕上げた後にサフェーサー(下地処理剤)を塗装します。 サフェーサーを強制乾燥したら同じく研磨します。ほぼ研磨作業が完成した所です。   ▼その後、ボデーマスキング(養生)を施し、お車を塗装ブースに移動させます。 塗装作業を完了し、塗装が乾燥したらポリッシャーでコンパウンドを使用して最後の 仕上げ磨き作業を行います。取り外した部品を取り付けて作業完了です!   ▼洗車、車内清掃を行い、もう一度キレイになった状態で細部にわたり最終確認をして納車となります。ありがとうございます! お気づきの点がございましたら、お知らせ下さい。 弊社は自社修理部分に付きましては、ワンオーナー保証付きとなっております。 ▼ 倉敷市内よりご入庫の三菱・ミラージュの板金塗装修理が完了しました。   本日はご入庫頂き誠にありがとうございました! 弊社は、お客様の立場に立った作業方法をご提案いたします。 お客様のご要望を遠慮なくお聞かせ下さい。お待ちしています!   ———————————————————————————— アバンステクノサービス有限会社(本社) 住所 〒710-1304 岡山県倉敷市真備町尾崎975-2 TEL 086-698-9188 営業時間 9:00~19:00 定休日 水曜日 アクセス 吉備真備駅から徒歩15分 当店Facebookはこちら http://bit.ly/28O2ZWn ———————————————————————————— アバンステクノサービス有限会社(鈑金工場)…

つ6337 (1)
2017年12月19日

倉敷の板金塗装トヨタ・シエンタ被害事故修理は丁寧な仕上りの当社へ

 弊社では、長年損害保険会社様の鈑金塗装修理指定工場をさせて 頂ており、紹介入庫修理車両は 4.000台を超えて増加中。 これも皆様の ご支援の賜物と感謝申し上げます。 【追突事故でへこんだお車、直します!】 ひどい追突事故に遭われました(>_<)   最近の車は以前にも増して車の構造が、乗員保護の為に鉄板が固く薄くなり、 その代わにレインホース(骨・柱)の様な構造になる部分が中に組込れています。 その為に見た目は沢山壊れているが、ムチ打ち症にもなりにくくなっています 追突による衝撃でバックドアが開かないために、パネルの一部を切開して バックドアが開くようにする下準備板金が必要なほどの損傷です。 ▼修理前 倉敷市より、トヨタ・シエンタの修理のご依頼です。 <修理内容> バックドア、リヤエンドパネルアウター・インナー、リヤバンパー・・・新品交換 リヤフロアー・・・鈑金修理   ▼リヤエンドアウターパネルが大きく壊れています・・・。   ▼リヤエンドアウターパネルを粗出し板金をして(凹みの修正)インナーパネルを取り出したところです。 インナーパネルの損傷も大きく、同時にクランプではさみフロアーの引き出し板金を行います。   ▼リヤフロアーを上から撮影しています。 フロアーが大きく壊れているためにフロアーの防音シートが剥がれています。   ▼リヤエンドインナーパネルを取り外し、リヤフロアーパネルの板金修理が完了したところです。   ▼新品のリヤエンドパネルをスポット・ミグ溶接で取り付けている途中です。 新品の部品は無塗装の状態で届きますので、黒色です。 新品のバックドアを仮止めして、リヤクォーターとのスキマ確認を行って 次の作業に入ります。   ▼   ▼リヤフロアーの防音シートを張り付けた所です。   ▼リヤフロアー、エンドパネルを塗装しているところです。 エンドパネルとのスキマにシーリング剤を使い、水漏れ・防錆処理を済ませています。   ▼バックドアを塗装するために下準備の作業がほぼ終わり、 これから水性塗料を使用してバックドアの塗装を6回程度の塗り回数で仕上げます。   ▼塗装が完了してバックドアを取り付けて、これから部品を組付けます。   ▼部品の組付け作業も完了して室内清掃・洗車後に納車になります。 ▼ 倉敷市内よりご入庫のトヨタ・シエンタ事故修理車輌が完成しました。   本日はご入庫頂き誠にありがとうございました! 当社は、お客様の立場に立った作業方法をご提案いたします。 お客様のご要望を遠慮なくお聞かせ下さい。お待ちしています!   ———————————————————————————— アバンステクノサービス有限会社 住所 〒710-1304…